レディ

病気を引き起こす前に止める「酵素を不足させない生活」

年配者に必要な機能食品

サプリとメジャー

若い頃との違い

若い頃と同じ生活を過ごしていても、加齢によって少しずつ体重やBMI数値が増え、ダイエットを意識する人も少なくはなく、サプリと一口に言っても飲むだけで楽々痩せられるものは健康や美容のトラブルに繋がる副作用に難色が示されています。体調を崩しやすくなるため、年齢を重ねた中高年以降の方々の場合、健康管理に十分に配慮したサプリ選びが必要です。ダイエットの基本は運動とヘルシーな食事で、快適さや充実さを得るためにサプリを選ぶことが勧められています。年齢を重ねると基礎代謝が低下し、若い頃とは同じ生活でも体重などに影響してしまいます。運動を取り入れることが大切で、例えば、シソ科植物の根から抽出したフォルスコリンにはLBMを減らすことなく、太りにくい身体づくりをサポートしてくれる燃焼系サプリで、痩せる意識より増やさない健康管理が必要な中年以降の男女に適しています。

シニア世代の健康維持

ご飯1杯のカロリーを消費するにもジョギングでは30分以上の運動など、ハードな運動量が必要です。基礎代謝が高い場合、腹八分目と適度な運動など、正しい生活習慣が送れていることで食べても太りにくい身体を維持することは可能です。ですが、シニア世代においては代謝も落ちやすく、また、食事では和食よりも洋食などのカロリーの高い物も食卓に上がる機会も増え、太りやすい身体や体型に陥りやすくなっています。シニア世代にとってダイエットで運動が必要な理由には、カロリー消費・筋肉量を増やす・ロコモ予防などが挙げられています。サプリにはLカルニチン・カプサイシン・アミノ酸などが提案され、さらに曲げ伸ばしなど運動する上で重要な関節をスムーズにするグルコサミンやコンドロイチンなども併せて補給することがシニア世代のダイエット効率を高められる内容です。